スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険料 ・・・ 値上げ

介護保険料、150―200円上げ 09年度月額見通し

 来年度の介護保険料が全国平均で1人当たり月150―200円程度(3―5%程度)の引き上げとなる見通しになった。高齢化の進展で介護が必要な人が増えているため保険料の上昇は避けられないが、政府が先月末に発表した追加経済対策で保険料の一部を肩代わりするため急な上昇が抑えられ、保険料は3年間で段階的に上昇する。

 介護保険料は3年に1度の介護報酬改定に合わせて見直している。2009年度の報酬改定では介護従事者の待遇を改善するため事業者への報酬が3%引き上げられることになった。介護が必要な人の増加に加えて介護報酬が引き上げられるため、保険料は本来なら来年度から月300円程度上昇する計算だ。 (07:00)

スポンサーサイト

theme : 福祉関連ニュース
genre : 福祉・ボランティア

介護報酬3%UP

政府・与党が30日にまとめた追加経済対策には、人々の身近な暮らしにかかわる社会保障分野の対応も多く含まれている。

 介護では、低賃金、人手不足が目立つ介護職員の確保策として、09年度に介護事業者の収入となる介護報酬を3%引き上げる。00年度の介護保険制度発足以来、原則3年に1度改定される介護報酬は03、06年度はいずれも減額されており、プラス改定は初めて。

 介護給付費は報酬の3%アップで約2100億円(うち国庫負担約550億円)増える。政府は勤続年数が一定以上の職員を雇用したり、人員体制が手厚い事業所に報酬を加算することで、職員の平均月額賃金の2万円アップや、介護職員(120万人)の10万人増を目指す。

 一方、報酬を3%引き上げると保険料も上昇し、65歳以上の人なら平均月額(4090円)が120円増となる。このため1200億円の基金を準備し、09年度はアップする120円分全額を補てんするほか、10年度も半額の60円分を補助する。40~64歳の負担増分も同様に補助する。

 子育て支援では、現在5回分の補助しかない妊婦健診の費用(平均1回約9000円、総額約12万円)について、妊娠から出産までの望ましい健診回数とされる14回分の無料化を盛り込んだ。

 雇用をめぐっては、年長フリーターを正社員として雇う中小企業を対象に、初年度に50万円、2年目と3年目に25万円ずつ給付し、3年で計100万円を支給するほか、雇用保険の保険料率を09年度に限り引き下げる。【毎日新聞 2008.11.1  吉田啓志】

theme : 福祉関連ニュース
genre : 福祉・ボランティア

介護ベッド事故死、メーカー3社で30人に・・・ (朝日新聞)

介護ベッドの手すりや柵(さく)にお年寄りらが首を挟むなどして死傷する事故をめぐり、ベッドメーカー3社が03年3月以降に起きた約130件の事故を経済産業省の関連団体に新たに報告したことがわかった。
これらによる死者は約20人、重軽傷者は約80人に上り、深刻な製品事故の一端が浮き彫りになった。死者は既に判明している分と合わせて約30人になった。

 経産省所管の独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)に事故の届け出をしたのは、パラマウントベッド、フランスベッド(ともに東京都)、シーホネンス(大阪府)。これら3社で国内の介護ベッドの市場のほぼすべてを占める。
 朝日新聞の取材に、事故の発生場所について
「病院が5割、個人宅が3割、老人施設が2割」
と説明した。
事故内容は「挟まれ」が半数を占め、被害者の状態がわかった例のうち6割は認知症や精神疾患、まひの症状があったという。 
昨年5月の改正消費生活用製品安全法施行で、メーカーは死亡や全治30日以上の重傷を伴う重大事故の国への報告が義務づけられた。手すりなどの事故は今月10日までに17件報告があり、死者10人、重傷者7人に上る。


介護ベッドという商品を扱うものとして 大変難しい問題である。記事の内容にもあるように 「挟まれ」が大半を占めている。電動で動くことがメリットで介助しやすい。起こすことが楽である。ということで多くの方に好まれている訳だが 動くことにより また、反対のリスクが存在するようになる。
利用者のことをもっと熟知し メーカー共々事故をつくらない工夫を検討 提案していきたい。

theme : 福祉関連ニュース
genre : 福祉・ボランティア

介護する側、1割が80歳以上 進む「老老介護」(朝日新聞)

 在宅で介護する人の約1割が80歳以上の高齢者という、「老老介護」の実態が厚生労働省の07年国民生活基礎調査でわかった。介護者の3人に1人は70歳以上で 急速に進む核家族化と高齢化で高齢者だけの世帯が増え、介護も高齢者に頼らざるを得ない現状が浮かび上がった。

 介護者の年代構成は
50歳代  29.8%と最多で、
60歳代  24.4%
70歳代  23.0%と続く。

80歳以上の割合は01年6.2%、04年8.5%、今回は11.1%に増えた。

 少子化や核家族化を反映し、平均世帯人員は過去最低の2.63人に。
65歳以上の「高齢者世帯」は前年より54万世帯増え900万世帯(全体の18.8%)だった。
祖父母と父母、子どもからなる「3世代世帯」は過去最低の404万世帯(8.4%)となり、
調査開始時の86年の15.3%から急減している。



出生率の低下に 進む核家族化。
後手、後手にまわる政策と 後回しにしてきた付けが集中的に現在に降りかかる。
全てが 連鎖で動き 現在を作っているで 何も驚くことではない。

戦後の高度成長期によって 日本は大きな富を得た。
あまりにも早すぎる成長に 本当の豊かさを実感できず 金だけの世界が生まれる。
弱者を切り捨て 強者のみ生き残る。
都会化が進み また注目を浴びつづけ 田舎は廃れる。
契約社会手本とした日本人は権利のみ主張するようになり 我を忘れる。

汚いものに蓋をしつづけた日本は最終的にどこへいくのだろうか・・・?

theme : 在宅介護
genre : 福祉・ボランティア

NHKクローズアップ現代(必要ですか?その”オムツ”)

WSH20-5000014.jpg

200万人の高齢者がオムツをしている現状だそうだ。

オムツの問題は「安易にオムツが手に入り誰にでも使えたこと」である。
自力で排泄できるにもかかわらず 病気・怪我により 病院のベッドの上でオムツ生活になる。
周りで介護・看病しているものにとっては安心で安全なのだが、使いつづけると 介護者は オムツによって人間性が奪われてしまう。
尿意を感じなくなり、いつのまにか、知らない所・知らない時間で排泄をしてしまうようになり 高齢者の生活意欲を損う、認知症の原因になっている。


医療・介護の中で 徐々にであるが オムツ依存の見直がはじまりつつある。
「自分のことは自分で・・・」として 離床をうながし自立・生きがいを再認識していくことが大切である。
おじいちゃん・おばあちゃんにオムツをする前に 介護する側が一度 オムツをはいて 自分で体感することを お勧めする。
おしっこですらできるものではないことに 改めて気づかされことだろう。


「歳だから仕方がない」という介護は 認知症という形で家族に帰ってくるのだろう。
大変難しい問題であるが 医療・介護・行政に携わる方々を含め 早い段階からこのことに気づき 多くの方でサポート体制が必要となるのでは と、考える。

theme : 在宅介護
genre : 福祉・ボランティア

Relibed の介護ベッド
介護ベッド

 

 



★スタンダードタイプ
レンタル料 ¥38,000
介護保険にて1割負担
¥3,800円

 



★ポータブルトイレ付タイプ
レンタル料 ¥43,000
介護保険にて1割負担
¥4,300円

・・・・・・・・・・・・詳細

 



★施設タイプ
レンタル料 ¥28,000
介護保険にて1割負担
¥2,800円




★ 消臭機 ★
レンタル料 介護保険適用外
適用広さ・・・4.5~30帖まで
¥4,000円



このベッドの効果

■ベッドが自然に椅子になる
 ・安全に座位がとれる
 ・介助が楽
 ・ヘルパーが腰を痛めない
■ズレ落ちがない
 ・介助事故を防ぎます
■前傾姿勢がとれます
 (食事・排泄・立上りが前傾)
■筋力を落としません
 ・腹筋・フクラハギ
■誤嚥を防ぎます
■離床・排泄ケアの実施
■在宅介護で介護保険適用




0820-5000039.jpg
WSH20-5000037.jpg
★ ポータブル水洗トイレ ★
介護保険適用外・・・行政助成 9万

WSH20-5000037.jpg


●助成制度活用可能(市町村)

山形県・・・・・・
◎山形・寒河江・天童・上山
・中山・山辺・白鷹・村山
・東根・大石田・尾花沢・小国
・新庄・高畠

検討中・・・大江・長井・南陽・米沢・舟形

× 飯豊・河北・川西

山形県外での助成
(・新潟全県・群馬全県・島根全県・岡山全県)
市町村では・・・
(・新宿区・墨田区・国分寺市・小田原市・横浜港北区・米子市・所沢市・氷見市・長野市・金沢市・岐阜市・大垣市・紀ノ川市・高島市・草津市・神戸市・大洲市・伊予市・奄美市)
●介護する人・される人

の思いを形に・・・

(オムツ介護・看護は多くの

認知症患者をつくりました)



毎日の介護のなかで特に大変
なものとして「排泄介助」 「入浴」
が挙げられます。
排泄介助を行っている方では、
82%が排泄介助が特に大変と
答えています。

排泄介助をしている介護者は、
介護をするようになってから心身
の健康状態が悪化する傾向が
強いというデータも報告されてい
ます。

また「おむつ」に関する高齢者の
意識調査では、ほぼ100%の方
が「下の世話になるまで生きたい
とは思わない」と答えています。

排泄介助には、人間として受け
入れがたい屈辱的なイメージを
持たれている方がほとんどです。

こうした介護の現場の声に応え
るために開発された新発想の
「ポータブル水洗トイレ」

介護する人・される人の心身の
負担を大幅に軽減し、同時に
介護者の自立をサポートします。




オムツによるつまりに対応

●トイレのつまり修理
・・・・・・基本料金 8,400 円
●パイプのつまり修理
・・・・・・基本料金 8,400 円
●トイレタンク内修理
・・・・基本料金 + 材料費
●排水金具交換
・・・・基本料金 + 材料費



★ 介護福祉ローン ★
介護ベッドローン適用
76歳完済
固定金利 3.90 %

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
会社:レリベッド

レリベッド

Author:レリベッド
ようこそ!Relibedへ・・・

山形県寒河江市本町2-8-3

TEL  0237-83-1172
FAX 0237-83-1173

Relibed: mail   メールはこちら

山形のHPリンク
その他のリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報
日めくりカレンダー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
山形携帯サイトQRコード
QR
携帯QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
あしあ~と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。